手漉きの和紙を箔打ち紙に用いる「伝統金箔・縁付」製法(国の選定保存技術)でつくられた箔です。

●カラット/23.21K
●合金配合率/純金96.721%、純銀2.602%、純銅0.677%(純金の品位は99.99%)
●サイズ/3寸6分(約10.9cm)角
●入枚数/100枚入

「伝統金箔・縁付」製法は、手打ちから機械打ちになったほかは、400年以上の金沢箔の歴史において変わらない伝統の技です。この職人技は、2014年10月23日、文化庁より国の選定保存技術として認定されました。



金箔と和紙が交互に重なっています。



10枚ごとに目印が入っています。小分けにする際はこの目印で分けていただけます。



箔の束を白色の包装紙と帯で包む伝統的なパッケージ形態です。表面に種類、色、入り枚数を記載しています。



箔の保管にもお使いいただける専用のダンボール箱に入れてお届けいたします。(数量によって梱包形態は異なる場合がございます。)
TODAY'S SKE48 2016.08.26 TODAY'S SKE48 RSS

YouTube